蜂の子 つくだ煮

蜂の子 つくだ煮(へぼ)

PRODUCTS

現在では希少となりましたへぼの甘露煮です。 へぼとはクロススメバチの蜂の子で地蜂ともいいます。 古くは全国で食されていた蜂の子は現在信州・南信・奥三河地方や岐阜県の一部などで郷土料理としてお土産や外食料理として食されています。昆虫食は今の日本人には少し”えっ”と思うかもしれませんが世界的には広がりつつあり今後昆虫食を頻繁に見かける時代がすぐそこまで来ているのかもしれません。

ラインナップ
100g・150g・300g・500g・1000g


蜂の子佃煮商品は作り置きが少ないため受注後の製造になる事もありお時間をいただく事がございます。蜂の子佃煮は使いやすい100gから中サイズの物と大サイズの1000gの蜂の子の商品までご用意しています。

蜂の子と言えばへぼ飯がおもい浮かぶと思われますが、蜂の子をアツアツのご飯の上に乗せてお召し上がりいただければ甘辛く煮つけた蜂の子は、どこか懐かしく上品なおいしいご馳走になる事でしょう。

蜂の子佃煮の味は濃いめの甘露煮ですのでお酒の肴に蜂の子はとても最適です。 また昔から豆腐の上に蜂の子を乗せていただく蜂の子冷奴や蜂の子を厚焼き玉子の具材したへぼ厚焼き玉子、五平餅のタレに蜂の子を混ぜ合わせ香ばしく焼き上げた五平餅に塗り、また焼き上げる蜂の子五平餅などの郷土料理などがあります。蜂の子をいろいろな料理に合わせれば新しい蜂の子料理ができるかもしれませんね。

商品の詳しいお問い合わせなどはこちらへ

0565-32-0418

〒471-0067 愛知県豊田市栄生町1丁目29番地

〒471-0067 愛知県豊田市栄生町1丁目29番地
TEL:0565-32-0418 FAX:0565-35-2712